DroboFS導入

もう一ヶ月になりますが,正月早々PCのデータドライブが嫌な音奏でだしまして,急遽データ退避をする羽目になりました.

うちはデータをがっぽりため込む派の人間で録り溜めたアニメやらエロゲムービーやら写真やら溜まってて前々からシングルドライブでの保管は危ないと思ってた矢先の出来事でした.データの安全な保管は,となるとやっぱりRAID.寄せ集めて多重化してで保護するのが妥当ですわな.PC内に組むか外にBOXとして出してしまうかいずれにしても新たに同種のHDDを数本買わないといけない.しかし時勢はタイの洪水でHDD大暴騰という状況ですごく負け組感漂わせてたのですが,友人よりいいデバイスをご紹介いただきました.

それがDroboでした.

落ち着いたのでちょこっとレビュー.






これRAIDBoxなんですが,いわゆるRAIDとはちょっと違って独自のRAIDシステムを使ってるとか.
普通のなら同種のHDDを複数集めて組まないといけないんですが,こいつはSATAであればHDDのメーカー,容量,回転数など問わずに組めるとか.細かいことは分からないけどRAID5みたいなことを柔軟にやってのけてるんでしょうね.RAIDのように同種のHDDだと,その時は良くても壊れた後にリカバリのために同じHDDを探し回らないといけないのでその点がないだけでもかなりすごい.それに面倒な作業は不要でHDDを挿すだけで自動でフォーマットして容量割り当ててくれるので知識なくてもできるという親切設計.しかもホットスワップでシステム停めずに組み替えができる(というよりシステム切って組み替えができない).
まぁでも,その代わりお値段が・・・・・・.

という製品らしい.
非常に魅力的ながらコミケ直後だったので安く済ませようと思って断念するつもりでいたんですが,他を探せば探すほど,こいつが魅力的に写ってきて決められなくなってしまう始末.また一つ懸念があって,注意書きに“※WesternDigital 製 “Caviar Green” シリーズ および SAMSUNG製 “Eco Green” シリーズとの組合せでは、省電力機能の関係でトラブルが発生する場合があります。”とあること.うちのHDDはみんなWDのCaviarGreenで固めていたので不具合があるなら選択肢にはできないんですよね.でも危惧されてる回転数可変ってCaviarGreenには当てはまらないはず・・・・・・,といろいろググってるとCaviarGreenで使えてるみたいだったので購入に踏み切り.

買ったのはDroboFS.
5bayのDroboをNASバージョン.
はじめに入ってた説明だと

1.付属ディスクからDrobo dashboard(管理ツール)をインストール
2.SATAHDDを最低2本挿す
3.LANケーブルを繋ぐ
4.dashboardで初期設定

で完了.
付属のディスクだとdashboardのバージョンが古いかもしれないので最新のを拾ってきた方がいいかもしれませんが,特にトラブルもなくマニュアル不要なくらいすんなりセットアップは完了しました.はじめCaviarGreenのWD20EARSとWD20EARXの2本つっこんで特に問題なさそうだったのでデータ移行し,移行後空いたWD20EARXをもう一本を追加.ホットスワップなので追加するとすぐに反応して数分後たたずにDrobo総容量が増えてました.

今は寝かせてた320GBのこれまたWDのHDDを追加してこんな感じ.
6.32TB(実効5.74TB)で3.86TBの容量が確保されてます.
Drobo_now.jpg

CaviarGreenだからと不安だったのですが特に問題なく今のところ動いてます.ただ不具合報告は多いらし販売店では推奨していないということなので,タイの洪水事情が解決してHDDの価格が下がり次第HDDを買い直す予定でいます.

ただ,筐体後ろに大きめのFANがついていて動作中には音がそこそこします.普通にPC起動していたらPC駆動音に紛れてしまう程度の音ですが,電源落として寝るときには聞こえる音量です.私はアニメ圧縮のためPC回したまま寝ることも多いので慣れてますが,気になる人は気になるでしょうね.

DroboFSはNASなのでDLNA機能が欲しくなるわけですが,これもちゃんと手立てがあります.Droboはlinuxで動いているらしく然るべき所にファイルを置けば然るべきファイルを置けば起動します.公式ではない?なりにDroboAppsという所あって,ここでファイルを落としてきます.DLNAなので必要なのはFUPPES,それとwebで設定するのでDroboApps Admin UtilityとApache.dashboard上でDroboAppsを有効にすると専用のフォルダが出てくるのでそこに放り込んで再起動.しばらくするとDroboAdomin画面が呼び出せるようになるのでそこ経由でFUPPESの設定画面へ飛んで設定.よく分からないなりにググって設定変えましたが,何したのか良く覚えてないのでここはググってください.大抵のファイルは登録されてるので読ませたいフォルダのパスさえ与えれば問題ないんじゃないかな?
ただ自動でデータベースの更新はしてくれないみたいなので追加する毎に更新させないといけないのは面倒かも.

さて,こんな感じにうちのDroboは落ち着きました.
Mdrive_drobo.png


DroboFS遅いって言われてるみたいなんですが,私としてはこれだけ出れば十分.なんたって今まで使ってたNASがこれだったんでね.
Mdrive.png


さすがに写真だとかアニメフォルダみたいに大量のファイルおいてる所だとエクスプローラが表示にまごつきますが,私には十分です.これでデータ保全の憂いが晴らされたので思いっきり写真撮りまくれてアニメ溜めまくれます!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*